ホーム > 本物の家の証

本物の家の証

「より良い家を、より多くの方に」。
簡単な言葉だけれども難しい。
ただただ真面目に良い家をつくる。
「この家でよかった」この言葉を聞くために。

本物の裏付け

  • ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2014大賞

    省エネルギー住宅のトップランナーを選定する表彰制度「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2014」において、アエラホームの「クラージュプレミアム仕様」が大賞を受賞しました。

  • 次に家を建てるなら選びたい家No.1

    2015年4月に実施した、職人の方々へのアンケート調査において「次に家を建てるなら選びたい住宅」「友人・知人に勧めたい住宅」No.1に選ばれました。

本物の施工

  • 手間をかけた気密処理

    断熱材1枚1枚のつなぎ目に特殊テープを貼ることにより隙間を完全にふさぎ、気密処理を行います。

  • 部材にまでこだわった気密処理

    床合板に特殊加工を施し、壁面のみでなく床面にも徹底した気密処理を行います。

  • 徹底した熱橋防止

    外気の熱を伝えやすい金物部分には1つ1つ丁寧に
    断熱処理を行い熱橋を防ぎます。

  • 外張屋根断熱

    一般的には「天井」で行う断熱処理を、「屋根」で行うことにより、 建物全体を断熱材ですっぽりと包み込みます。
    木部や金物からの熱橋の心配がないため、外気温の影響を受けづらいことが最大の特徴です。
    また、壁体内結露の発生も抑えるため構造体の腐朽を防ぐという、住宅にとって最適な断熱工法といえます。

  • 両面遮熱

    断熱材の両面に貼られたアルミ遮熱材により、
    外部の熱の侵入を防ぐとともに、
    居室内からの熱の流出も防ぎます。

  • 断熱性能を強化する屋根構造

    通常外張断熱では、天井で断熱を行いますが、アエラホームでは屋根裏まで快適な空間にするため、屋根での断熱を行います。手間は増えますが快適な空間を実現するための大事な構造なのです。

  • 外張断熱工法専用の高性能ビスを採用

    特殊加工を施した高性能ビスを使用することで、外張断熱で気になる外壁材の垂れ下がりの不安を解消。さらには、結合部の木割れを防止し、長期的に外張断熱の性能を維持します。

  • 頑強な基礎

    住宅金融支援機構基準120mm幅の1.5倍にもなる外周部180mm幅(内部150mm幅)の基礎を採用しています。
    また、配筋に関しても、一般的には200mm間隔で行うものを150mm間隔で行うことにより、地震に負けない頑強な基礎を実現しています。

本物の安心

  • 全棟気密検査

    第三者機関による気密検査を実施し、厳しい社内基準に達しない場合には達成するまで手直しを行います。

  • 全棟Ua値計算

    設計段階からUa値計算を行い、その結果は「Ua値計算報告書」として発行します。

  • 徹底した検査体制

    現場の施工状況は現場監督のチェックとともに本社へ
    施工写真が登録され、本社管理部門でチェックを行うことで 施工不良を防ぎます。

  • 人生を支える付加価値

    一般社団法人移住・住みかえ支援機構(JTI)の「マイホーム借上げ制度」にも対応。転勤や故郷へのUターンなど、住宅を取得する際には予期していなかった状況になっても、マイホームを売却することなく賃貸により収入を得ることができます。

本物の保証

  • 長期保証

    2ヶ月・6ヶ月・1年・2年・5年・10年の無償点検に加え、
    10年目以降も10年ごとの点検・メンテナンス(有料)を行うことに より主要な構造を長期保証します。

※本ページに記載の情報は「クラージュ」に関する内容です。商品によって一部内容が異なります。詳しくは展示場係員までおたずねください。

PAGE TOP

Copyright AERAHOME.ALL rights reserved.